【宅建取得で就活無双?】大学生が宅建を取得するメリットについて徹底解説

※本記事はアフィリエイト広告を利用しています

宅建ってよく聞くけど、取得すれば就活で無双できるような資格なの?

実際にどのような企業が宅建資格を重視しているの?

大学生が宅建を取得するメリットはあるの?

このような疑問を抱えていませんか?
この記事では、大学生の方々に向けて、宅建を取得するメリットや就活に与える影響について解説します。

また、宅建取得により就活で有利になる業界や実際の口コミについても紹介していきます。
この記事を読むことで、大学生が宅建を取得すべき理由について理解できますので、ぜひ最後までご覧ください。

それではさっそく見てきましょう!

宅建資格の重要性

宅建資格が重宝される理由 

宅建士とは、「宅地建物取引士」の略称で、不動産取引における専門家を指す国家資格。
この宅建士になるための資格試験を宅建試験といい、年間約20万人以上が受験しています。

宅建が人気の理由としては、
①事務所に一定の割合で宅建士の設置義務があること②独占業務があることなどが挙げられます。
このような理由から、宅建士には底堅い需要があると考えられます。

宅建士の設置義務
不動産業を営む事務所において、業務に従事する者5人につき1人以上の割合で、
専任の宅地建物取引士を設置することが義務付けられている

②宅建士の独占業務
・不動産の契約締結前の重要事項の説明
・重要事項説明書(35条書面)への記名押印
・契約内容書面(37条書面)への記名押印

 

就活無双? 大学生宅建取得がオススメな理由

①不動産業界以外にも必要とされる資格である

宅建は不動産取引に関する知識があることを証明する資格ですが、不動産業界以外でも求められています。
例えば金融業界は住宅ローンや不動産に関連した融資を行うため、不動産に関する知識が必要になってきます。

建設業界でも大手になると自社で建築を請け負うだけではなく、完成した不動産の販売まで行うことがあります。
物件の販売には宅建士業の免許が必要なため、宅建士が必要とされています。

このように宅建資格は不動産業界に限らず、多岐にわたる業界で求められているため、
まだ志望業界が固まっていない場合でも、取得により就活で有利に働く場合があります。

実際に「令和4年度宅地建物取引士資格試験結果の概要」をみると、
受験者の職業別の割合は以下のようになっており、
不動産業界以外の業種においても、宅建士の能力が求められていることが分かります。

【令和4年度(2022年度)宅建士試験 】 
 令和 4 年度宅地建物取引士資格試験の結果について (不動産適正取引推進機構)

不動産業27.7%
金融関係12.4%
建設関係9.6%
他業種27.6%
学生10.8%
主婦4.1%
その他7.9%

②経済的メリットを早期に受けられる

宅建資格を持つことで、就職先の給与水準が向上する可能性があります。
実際、宅建取得者に対して、資格手当を支給している会社も多くあります。

資格手当の相場は、一般的に 5,000円~30,000円とされています。
企業や業種によって差がありますが、大手不動産会社では3万円前後、中小やリフォーム関係では1万円台が多いようです。

https://twitter.com/Wernershouering/status/1706440084994798056?s=20

③資格の認知度が高く、他の就活生と差別化できる

前述したように、宅建は国家資格として知名度が高く、
不動産業界に限らず金融などその他の業種でも宅建士の能力が求められます。

また、宅建は比較的難易度の高い資格であることから、
就職活動の際に「資格取得に向けて努力出来る人である」ということもアピールすることができます。

もちろんすべての企業・職種で宅建資格が評価されるわけではありませんが、
「自分の武器になるものが欲しいけど、何をやっていいのか分からない」という人は
宅建取得を考えてもよいと思います。

上記メリットに加え、大学時代に宅建を取得しておくべき大きな理由があります。
それは、「大学生には時間がある」という理由です。

もちろん大学の授業やバイト、友達との遊びなど、忙しい日々を過ごしている方もいると思いますが、
社会人と比べると自由に使える時間が圧倒的に多いのが大学生の強みです。

宅建合格に必要な勉強時間は、現状の知識や経験によって個人差がありますが、
一般的には、約250時間~300時間と言われています。

資格試験を受ける方は社会人が多く、昼間は仕事で帰ってきたらクタクタ…
また家事や育児もあり、まとまった勉強時間を確保するのが難しいという人も多くいます。
実際に試験に落ちた理由として一番多いのが
「勉強時間が足りなかった」「試験範囲が終わらなかった」というものです。

大学生という比較的時間の融通がききやすいタイミングで、宅建を取得することを強くオススメします。
また若い方が知識の吸収、記憶の定着が早いので、その点も有利に働きます。

就活無双?宅建資格が活きる業界とは?

不動産業界

宅建資格が最も活かせる業界は、やはり不動産業界です。

宅建資格がなければ不動産業界で働くことができないというわけではありませんが、
前述したように宅建士には独占業務(重要事項の説明や重要事項説明書・契約書への記名押印)があります。

また、宅建業法では各事務所の5人に1人以上が宅建士でなければならないという必置義務も定められています。
上記のような理由から不動産業界では宅建士の存在が不可欠となっています。

不動産会社は多くの宅建士を雇用しておく必要があり、宅建士の資格を持っていると就活時も有利になります。

建設業界

宅建資格は建設業界においても求められることがあり、
実際令和4年度の合格者のうち、建設業界で働く人の割合は9.6%を占めています。

一般的な建設会社で働くだけなら宅建資格は必要ありませんが、
宅建業も行っているような大手企業であれば宅建資格を生かせます。

大手の建設会社は自社で建築を請け負うだけでなく、完成物件の販売事業まで行っているところもあります。
住宅・マンションの販売は宅建業の免許が必要なため、建設会社は多くの宅建士を抱えています。

求人も宅建業務を含む仕事があり、転職時にも有利です。

金融業界

銀行が行う担保を必要とする融資業務では、不動産に対する適切な知識が無ければ融資の判断が難しいため、
金融業界でも宅建資格は必要とされています。

また、信託銀行においても、宅建士の大きな需要があります。
一般的な銀行が不動産業への参入を規制されているのに対して、
信託銀行は宅建業や不動産鑑定業を行えるという特徴があります。

信託銀行は宅建免許を取得していなくても宅建業務が可能ですが、宅建士の設置は義務づけられており、
宅建取得者が多く在籍しています。

また、宅建の知識は信託業務や税金にも生かせ、顧客からの信頼も得やすくなります。

大学生の宅建取得についての口コミ

このように大学時代に宅建を取得しておけばよかったという声はたくさんあります。
ぜひ宅建取得にチャレンジしてみてください!

宅建合格に向けた勉強方法

宅建合格に必要な勉強時間

一般的に約250時間~300時間と言われています。

合格に必要な時間を仮に250時間として、そこから逆算すると開始時期は下記のようになります。

時間/日所要時間開始時期
1時間8.3カ月2月~3月頃
2時間4.2カ月6月頃
3時間2.8カ月7月頃~8月頃

初学者の場合、不動産取引や賃貸管理に関する専門知識がないため、より多くの勉強時間を必要とする可能性もあります。

勉強方法の種類について

勉強方法については、主に下記3つの方法があります。

独学
自分でテキストや問題集を購入し、自宅などで勉強を進める方法

メリットデメリット
〇圧倒的に費用が安い 
〇好きな場所、時間に勉強できる
×自らスケジュール管理が必要
×教材や学習方法に悩む
×モチベーション維持が難しい

②通信講座
インターネットや郵送されるテキストなどを用いて講義を受ける方法

メリットデメリット
〇スクール通学と比較すると費用が安い
〇講師サポートを受けられる場合がある
〇好きな場所、時間に勉強できる
×独学と比べると費用が高い

③スクール通学
実際に教室に通って、講師から指導を受ける方法

メリットデメリット
〇疑問点の解消がすぐにできる
〇モチベーションを維持しやすい
×費用が高い
×通学に時間を要する

⇒時間的な自由度と費用を考えるのであれば独学がおすすめです。
 合格率を重視しながら自由度を求めるのであれば通信講座をおすすめします。

通信講座を活用して最短合格の道も

①フォーサイト

・圧倒的な合格実績
フォーサイトの合格率は75% (全国平均の合格率は17%)

・テキストがフルカラーで見やすく、要点がまとめられたテキストが人気

・eラーニングシステム(ManaBun)があり、スキマ時間も有効に活用できる

・資料請求による割引もあり、比較的費用が安い。コースによっては、全額返金保証制度がある

講座名/料金バリューセット1 59,800円
バリューセット2 64,800円
バリューセット3 69,800円
講座内容バリューセット1 (基礎+過去問講座)
バリューセット2 (基礎+過去問+直前対策講座)
バリューセット3 (基礎+過去問+直前対策+科目別答練+過去問一問一答演習)
テキスト通信講座専用に収録された映像講義(Web視聴・DVD)
講座オリジナルテキスト(フルカラー)
eラーニングeラーニング ManaBun(マナブン)
合格実績2022年度試験合格者872名(全国平均合格率の4.41倍)
サポート体制ManaBunから質問受付可能
フォローメルマガ
ライブ配信講義
教育訓練給付金制度あり(受講料の20%)
公式サイトhttps://www.foresight.jp/takken/

無料資料請求をするだけで10,000円OFFクーポンがもらえる /

②スタディング

・ITを駆使した学習・運営システムにより、運営コストを削減し、圧倒的な低価格を実現

・テキストや講義、問題練習などの教材すべてがスマホで完結

・通勤時などの隙間時間を最大限活かせる

講座名/料金・ミニマム 14,960円
・スタンダード 19,800円
・コンプリート 23,430円
講座内容・ミニマム (動画講義+WEBテキスト)
・スタンダード (動画講義+WEBテキスト+一問一答+過去問集)
・コンプリート (動画講義+WEBテキスト+一問一答+過去問集+模試+
直前対策講座+学習Q&Aチケット)
テキスト通信講座専用に収録された映像講義(Web視聴)
講座オリジナルテキスト(フルカラー)※Webテキスト
eラーニングあり (音声講義、テキスト、演習問題などをスマホやPCで受講可能)
合格実績2022年度合格者の声 854名掲載
サポート体制AIによる実力スコア診断
学習Q&チケット(質問受付1,500円~)
教育訓練給付金制度なし
公式サイトhttps://studying.jp/takken/

\ 無料お試し講座で10%OFFクーポンがもらえる/

③アガルート

・充実のフォロー体制(学習導入オリエンテーション、講師への質問、月1回/月ホームルーム)

・初学者と学習経験者で異なるコースが選択でき、自分に合った講義が受けられる

・割引制度や合格特典が充実している(amazonギフト券1万円or全額返金)※条件付き

講座名/料金・入門総合カリキュラム<フル> 71,280円
・入門総合カリキュラム<ライト> 54,780円
・演習総合カリキュラム<フル> 107,800円
・演習総合カリキュラム<ライト> 76,780円
講座内容・入門総合カリキュラム<ライト> (入門講義+過去問解説+総まとめ講義+模擬試験)

・入門総合カリキュラム<フル> (入門講義+過去問解説+択一解法講義+宅建業法インプット講義+過去問答練+民法判例抗議+総まとめ講義+模擬試験)

・演習総合カリキュラム<フル> (演習総合講義+総まとめ講義+直前答練+模擬試験)

・演習総合カリキュラム<ライト> (演習総合講義+択一解法講義+宅建業法インプット講義+過去問答練+民法判例抗議+総まとめ講義+直前答練+模擬試験)
テキスト【テキスト】講座オリジナルテキスト(フルカラー)
【講義教材】通信講座専用に撮影された講義映像(Web視聴)
eラーニングあり (講義視聴のみ)
合格実績令和4年合格率 59.5%
全国平均の3.5倍
サポート体制質問サポート:フル(30回)ライト(10回)
学習導入オリエンテーション
毎月1回のホームルーム
学習の進め方サポート
教育訓練給付金制度なし
公式サイトhttps://www.agaroot.jp/takken/

\ 無料資料請求もあり!アガルートの宅建通信講座を見てみる/

詳しくは、「おすすめ宅建通信講座3選を徹底比較!口コミもアリ」記事でレビューしていますので、
気になった方はこちらの記事も見てみてください。

まとめ

この記事では、宅建取得が就活に与える影響や資格が必要とされる業界、
大学生が宅建を取得するメリットについて解説してきました。

大学生が宅建を取得するメリット
①不動産業界以外にも必要とされる資格である
②経済的メリットを早期に受けられる
③資格の認知度が高く、他の就活生と差別化できる

宅建資格が活きる業界
不動産業界
建設業界
金融業界


もちろん個人差はありますが、宅建試験の合格には一定の勉強時間が必要になります。
私も社会人になってから宅建を取得しましたが、本業をしながら勉強時間を確保することに苦労しました。

大学生という時間の融通が比較的ききやすいタイミングで宅建取得することを強くオススメします。
就活を有利に進めるためにも、ぜひチャレンジしてみてください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました🐻

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA