【最短合格】宅建合格に必要な勉強時間、効率的な勉強法について解説

※本記事はアフィリエイト広告を利用しています

こんな疑問やお悩みはありませんか?

・宅建って取った方が良いと聞くけど、イマイチどんな資格か分からない…
・不動産業界ではない社会人でも働きながら合格できる? 実際の勉強時間は?
・受験したことはあるけど、落ちてしまって心が折れている…

私も宅建の学習方法や勉強時間の確保に悩んでいたので、よく分かります。
そこで、この記事では仕事をしながら宅建や賃貸不動産経営管理士に一発合格した私が、
勉強ノウハウや最短で合格するコツについて解説します。

この記事を読むことで、効率的で失敗しない学習方法について理解することが出来ます。
資格の概要や取得のメリットについてもまとめていますので、最短で宅建を取得したい人は
最後まで読んでもらえると嬉しいです。
それでは、さっそく詳しく見ていきましょう!

💡記事のポイントまとめ

・宅建士とは不動産取引における専門家を指す国家資格

・事業所ごとに設置義務があり、独占業務もあるため需要が高い人気資格

・市販テキスト、過去問サイト、youtubeなどを活用した効率的な勉強法で独学合格も可能

・独学が不安な人は通信講座の活用もアリ

宅建士資格の概要

宅建ってどんな資格?

宅建士とは、「宅地建物取引士」の略称で、不動産取引における専門家を指す国家資格
この宅建士になるための資格試験を宅建試験といい、年間約20万人が受験しています。

宅建が人気の理由としては、事務所に一定の割合で宅建士の設置義務があること独占業務があることなどが挙げられます。このような理由から、宅建士には底堅い需要があると考えられます。

宅建士の設置義務
不動産業を営む事務所において、業務に従事する者5人につき1人以上の割合で、専任の宅地建物取引士を設置することが義務付けられている

宅建士の独占業務
・不動産の契約締結前の重要事項の説明
・重要事項説明書(35条書面)への記名押印
・契約内容書面(37条書面)への記名押印

試験の概要、スケジュール

試験申込みと受験日程、合格発表日

申込受付期間   :7月中
試験日      :毎年10月の第3日曜日に全国で実施
合格発表     :11月の月末または12月初旬

受験資格、受験料

受験資格     :特になし
受験料      :8,200円
申込先      :一般財団法人 不動産適正取引推進機構

試験内容

4答択一50問(2時間)

科目出題数問題番号
権利関係14問1~14問
法令上の制限8問15~22問
税・その他3問23~25問
宅建業法20問26~45問
免除科目5問46~50問

⇒「権利関係」と「宅建業法」の割合が多い。本番では時間配分もカギとなるため、解答する順番も大切!

合格率・合格点数

合格率は15~20パーセント、合格ラインは30点代中盤から40点近く
⇒年度により難易度にばらつきがあり合格点数も変わるので、安全ラインの8割を目指す。

宅建士取得のメリット

就職や転職に強い

宅建業法により、宅地建物取引業者の事務所は5人に1人の割合で宅建士を雇わなければいけません。
そのため、事務所存続のために宅建士は欠かせない存在です。
また、不動産業をはじめ、金融業や建設業など幅広い業種でニーズのある資格であることから、
就職や転職の際に役立つ資格であるといえるでしょう。

年収アップやキャリアアップにつながる

宅建取得者に対して、資格手当を支給している会社も多くあります。
資格手当の相場は一般に 5,000円~30,000円とされています。
企業や業種によって差がありますが、大手不動産会社では3万円前後、中小やリフォーム関係では1万円台が多いようです。

資格の効力は一生涯続く

宅建試験合格の効力は、生きている限り有効です。
試験合格後、人にもよりますが、登録実務講習や法定講習を受けることにより、
宅地建物取引士証の交付を受けることが出来ます。
宅地建物取引士証の有効期限は5年ですが、万が一切れてしまっても、また講習をうければ再交付してもらえます。

自身の不動産取引に役立つ

不動産取引や賃貸管理において必要な専門知識を身につけることで、自分が賃貸を借りる場合や不動産投資などにも
役立ちます。知識があれば自分自身で契約の内容を把握し、疑問点があればその場で質問することもできるので、
安心して契約に臨むことができます。

ダブルライセンスを目指せる

宅建の試験範囲は、マンション管理士やFPなど多くの資格と重複しています。
そのため、宅建に合格した後にこれらの資格取得を行うことで、専門性や職域を広げることができます。
他の資格との相性が良い資格といえます。

最短合格に必要な勉強時間と勉強方法の種類について

勉強時間

宅建合格に必要な勉強時間は、現状の知識や経験によって個人差がありますが、
約250時間~300時間と言われています。
1日2時間勉強する場合、5ヶ月程度必要です。

初学者の場合は不動産取引や賃貸管理に関する専門知識がないため、より多くの勉強時間を要する可能性もあります。

勉強方法の種類について

勉強方法については、主に下記3つの方法があります。

独学
自分でテキストや問題集を購入し、自宅などで勉強を進める方法

メリットデメリット
〇圧倒的に費用が安い 
〇好きな場所、時間に勉強できる
×自らスケジュール管理が必要
×教材や学習方法に悩む
×モチベーション維持が難しい

②通信講座
インターネットや郵送されるテキストなどを用いて講義を受ける方法

メリットデメリット
〇スクール通学と比較すると費用が安い
〇講師サポートを受けられる場合がある
〇好きな場所、時間に勉強できる
×独学と比べると費用が高い

③スクール通学
実際に教室に通って、講師から指導を受ける方法

メリットデメリット
〇疑問点の解消がすぐにできる
〇モチベーションを維持しやすい
×費用が高い
×通学に時間を要する

⇒時間的な自由度と費用を考えるのであれば独学がおすすめです。
 合格率を重視しながら自由度を求めるのであれば通信講座をおすすめします。

独学最短合格の方法 4step

Step1  試験日から逆算し、勉強スケジュールを計画する
Step2  テキストなどでインプット+分野別問題集を活用してアウトプット
Step3  本試験過去問を解く(出題形式に慣れる)
Step4 模擬試験を活用して、最終確認する

STEP
試験日から逆算し、勉強スケジュールを計画する

まずは試験本番から逆算して、勉強スケジュールを立てます。
私の場合は、ざっくり3つの期間に分けてスケジューリングしていました。

  • インプット期間(テキストやyoutubeで知識習得がメイン、分野別問題集も活用)
  • アウトプット期間(本試験と同じ時間で、過去問をひたすら解く)
  • 直前対策期間(模擬試験の活用、重点知識の再確認)


各期間におけるより細かいスケジュール(毎日,毎週)については、Googleカレンダーを活用して、
進捗に遅れがないか確認しながら進めていました。

独学でよくある失敗として、インプットに時間をかけすぎて、過去問や予想問題を解くアウトプットの時間が不足してしまうというケースがあります。

インプットとアウトプットの期間をあらかじめ決めておくことで、問題演習の時間を十分に確保でき、
合格の確率を上げることが出来ると思います。

STEP
テキストなどでインプット+分野別問題集を活用してアウトプット
私の勉強の進め方

①分野ごとにテキストを見つつ、該当箇所のYouTube動画を見る
 私は宅建業法→権利関係→法令上の制限→税・その他、免除科目という順番で学習を進めました

②分野ごとに問題集の関連問題を解く解いた問題で不明点や疑問に思った点は都度テキストに戻って確認する 
難解なところや理解するのに時間がかかりそうだと思ったところは一旦とばす

③時間をかけすぎないことを意識し、上記方法で各分野の学習を一通り終わらせる

宅建試験では、「どれだけ問題演習の時間を確保できるか」がカギになります。

1回テキストを読んだだけで、すべてを理解することも記憶に定着させることは難しいです。
全体を通しで学習した後に戻ってくると分かることはよくありますので、
インプットに時間をかけすぎず、まずは全体を一周することを心がけましょう。

市販の問題集については、以下のような方法で学習を進めていました。

・問題を解いた際に、その問題について◯△×のチェックを付ける
◯→完全に理解出来た問題。
△→正解したけれどたまたまor正解の根拠がはっきりとしない
×→不正解

・最低でも全問を2周する。2回連続で〇の問題は理解していると判断

・△と×の問題に絞って、正解の根拠を確認・周辺知識の学習に努める

大切なのは正解したかどうかではなく、正解した問題でもなぜその選択肢が正解なのか正しく理解できていること。私も問題を解く際は、各選択肢のどこが間違っているのかを必ず確認して、関連する周辺知識もおさらいするようにしていました。

過去問は点ではなく、面で理解する」資格試験の最強勉強法 
棚田健大郎
https://diamond.jp/articles/-/303214

私はこのようにして、テキストとYouTubeを活用して知識をインプットしつつ、
並行して問題集でアウトプットを行いました。

参考までに、私がオススメするテキストや問題集も紹介します。

①テキスト「みんなが欲しかった宅建士の教科書」

  • フルカラーで図表も豊富なため、初心者にも易しい
  • 3冊に分けることができ、携帯しやすい
  • youtubeやネットでもおすすめとして紹介されていた

図表も多く読み進めやすかったので、基礎知識を付けるという意味で初学者にはおすすめです。
ただ情報の網羅性という点では不十分なところも感じましたので、ご自身の知識量にあわせて、
他のテキストとも比較検討されるとよいと思います。

②テキスト「わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト」

  • 全体的に詳しく書かれており、網羅性が高い
  • フルカラーで、4分冊にセパレート
  • 本文テキストに過去問出題年が表記されて、頻出箇所がすぐに判別できる

みんなが欲しかった宅建士の教科書」と比較するとページ数は多いですが、各論点について詳しく解説がされており、網羅性の高いテキストです。
「やや中級者」寄りですが、具体例なども豊富に含まれていますので、初級者」から「リベンジ組」まで問題なく使えます。

問題集「わかって合格(うか)る宅建士 分野別過去問題集」

私は市販テキストに加えて、YouTubeで知識のインプットを行っていました。
通勤や家事の時間にyotube動画を聞き流しすることで、スキマ時間を有効活用することを意識していました。

Youtube「棚田行政書士の不動産大学」

不動産大学の動画は長くても20分程度、10分以内で終わる動画が多いです。
気になるポイントだけ視聴することが可能で、要点を押さえてくれているので非常に有益です。

権利関係は法律の初学者には難しいですが、不動産大学の動画は完全初心者さんでも分かりやすく解説してくれています。また、独自の替え歌で重要な内容を記憶できる点もおすすめポイントです。

STEP
本試験過去問を解く(出題形式に慣れる)

テキストと問題集を活用して各分野の学習を一通り終えたら、
あとはひたすら本試験過去問を解くようにします。

分野別過去問題集だけをやっていては、本試験でどのような形で問題が出題されるのかが分かりません。
そのため、本試験の出題形式に慣れる事が必要です。
まずは、直近10年分を解くことを目標にしましょう!

市販の過去問集を購入しても良いと思いますし、お金をかけたくない方は
過去の宅建過去問題と解説を掲載してくれているサイトもありますので、
宅建試験ドットコムを活用してください。


また、忙しくてまとまった学習時間がなかなか取れない方やスキマ時間をうまく活用したい方は
スマホアプリを活用した勉強もおすすめです。
私も毎朝の通勤時間は、スマホアプリで過去問を解くことを習慣にしていました。

STEP
模擬試験を活用して、最終確認する

宅建試験は受験者の採点が終わり、どのラインを合格点にすれば想定した合格者数(合格率)になるかを
計算して合格点を決める、相対評価方法の試験です。
現状の自分の実力を確認するためにも、模試を活用することは重要です。

模擬試験を受けることには3つのメリットがあります。

  • 実際の試験に近い体験ができる

模擬試験は、実際の試験と同じ形式や時間配分、出題傾向などを再現しています。
模擬試験を受けることで、実際の試験に近い状況で対策をすることができます。
実際の試験に慣れることで、試験当日の緊張感を和らげることもできます。

  • 自分の理解度や課題を把握できる

模擬試験を受けることで、自分の理解度や課題を把握することができます。
模擬試験で得点が低かった部分や、時間が足りなかった部分などに注目し、
自分の弱点を克服するための対策を取ることができます。

  • 自信をつけることができる

模擬試験で実際の試験と同じ形式や難易度の問題を解いて得点を取ることができると、自信がつきます。
また、模擬試験を重ねることで、自分の成績が上がっていくという実感が得られます。

あまり多くの模試を受ける必要はありませんが、複数回受けてみる事をオススメします。
最初の模試としては、本試験3カ月前の7月頃に行われる「LEC0円模試」がオススメです。
無料で本試験レベルの模試が受験出来るため、学習が一通り終わっていなかったとしても受験することをお勧めします。私はそれ以降の模試については市販の予想模試を活用していました。

いくつか私のおすすめの予想問題集もご紹介します。

①模試「出る順宅建士 当たる直前予想模試」

・4回分の予想問題が収録されている
・購入者特典として解説講義が付いている。LEC講師が模試の解説をしてくれる
・模試以外も本試験の出題予想や各分野の要点まとめがついている

  • 本試験をあてる TAC直前予想模試 宅建士

・4回分予想問題+本試験2回分が収録されている
・頻出事項総まとめや法律改正点・最新統計など模試以外のコンテンツも充実
・購入者特典として、webで特別講義も受講できる

  • 日建学院「これで合格! 宅建士 直前予想模試」

・合計3回分を収録(1回:基本編・2回:応用編・3回:チャレンジ問題)
・TACやLECと比べると収録数は少ないが、難易度が分かれており段階的に解いていける
・解説が丁寧という口コミ多い

私はLEC「出る順宅建士 当たる直前予想模試」を使用していましたが、
もし迷ったら実際に書店に行って自分に合いそうなものを購入するのがよいと思います。

余裕があれば複数の予想模試を解いてみることもおススメします。
ただ模試についても1回解いて満足するのではなく、間違った問題の解説を読んで理解することが大切です。
私は上記のstep1~4が終了した段階で試験まで少し時間があったため、
残りの時間は過去問を遡れるだけ遡ることに加えて、間違えた問題を復習することに時間を使いました。

    

勉強のモチベーションが落ちた時はどうする?

独学は孤独な戦いになりがちです。特に社会人で働きながら資格勉強をしていると、
本業で疲れた日はもう勉強をやめて寝てしまおうかな… 休日は気分転換に遊びに出かけたい…
さまざまな誘惑に負けてしまいそうになることも多々あります。

そんなときは、一緒に戦っている仲間を見つけるのがおススメです。
私は現実にそのような仲間がいなかったので、Twitterで同じく宅建の勉強をしている人を探して、
「自分もやらなきゃ」と己を奮い立たせていました。

通信講座を活用して最短合格の道も

独学と比べて少し費用はかかりますが、自身で勉強計画を立てたり、
独学ではモチベーションを維持したりするのが難しい方は、通信講座の活用も検討してみてください。

最短の学習時間で合格したい、合格の確率を少しでも高めたい!という方にはおすすめです。

①フォーサイト

・圧倒的な合格実績
フォーサイトの合格率は75% (全国平均の合格率は17%)

・テキストがフルカラーで見やすく、要点がまとめられたテキストが人気

・eラーニングシステム(ManaBun)があり、スキマ時間も有効に活用できる

・資料請求による割引もあり、比較的費用が安い。コースによっては、全額返金保証制度がある

講座名/料金バリューセット1 59,800円
バリューセット2 64,800円
バリューセット3 69,800円
講座内容バリューセット1 (基礎+過去問講座)
バリューセット2 (基礎+過去問+直前対策講座)
バリューセット3 (基礎+過去問+直前対策+科目別答練+過去問一問一答演習)
テキスト通信講座専用に収録された映像講義(Web視聴・DVD)
講座オリジナルテキスト(フルカラー)
eラーニングeラーニング ManaBun(マナブン)
合格実績2022年度試験合格者872名(全国平均合格率の4.41倍)
サポート体制ManaBunから質問受付可能
フォローメルマガ
ライブ配信講義
教育訓練給付金制度あり(受講料の20%)
公式サイトhttps://www.foresight.jp/takken/

無料資料請求をするだけで10,000円OFFクーポンがもらえる /

②スタディング

・ITを駆使した学習・運営システムにより、運営コストを削減し、圧倒的な低価格を実現

・テキストや講義、問題練習などの教材すべてがスマホで完結

・通勤時などの隙間時間を最大限活かせる

講座名/料金・ミニマム 14,960円
・スタンダード 19,800円
・コンプリート 23,430円
講座内容・ミニマム (動画講義+WEBテキスト)
・スタンダード (動画講義+WEBテキスト+一問一答+過去問集)
・コンプリート (動画講義+WEBテキスト+一問一答+過去問集+模試+
直前対策講座+学習Q&Aチケット)
テキスト通信講座専用に収録された映像講義(Web視聴)
講座オリジナルテキスト(フルカラー)※Webテキスト
eラーニングあり (音声講義、テキスト、演習問題などをスマホやPCで受講可能)
合格実績2022年度合格者の声 854名掲載
サポート体制AIによる実力スコア診断
学習Q&チケット(質問受付1,500円~)
教育訓練給付金制度なし
公式サイトhttps://studying.jp/takken/

\ 無料お試し講座で10%OFFクーポンがもらえる/

③アガルート

・充実のフォロー体制(学習導入オリエンテーション、講師への質問、月1回/月ホームルーム)

・初学者と学習経験者で異なるコースが選択でき、自分に合った講義が受けられる

・割引制度や合格特典が充実している(amazonギフト券1万円or全額返金)※条件付き

講座名/料金・入門総合カリキュラム<フル> 71,280円
・入門総合カリキュラム<ライト> 54,780円
・演習総合カリキュラム<フル> 107,800円
・演習総合カリキュラム<ライト> 76,780円
講座内容・入門総合カリキュラム<ライト> (入門講義+過去問解説+総まとめ講義+模擬試験)

・入門総合カリキュラム<フル> (入門講義+過去問解説+択一解法講義+宅建業法インプット講義+過去問答練+民法判例抗議+総まとめ講義+模擬試験)

・演習総合カリキュラム<フル> (演習総合講義+総まとめ講義+直前答練+模擬試験)

・演習総合カリキュラム<ライト> (演習総合講義+択一解法講義+宅建業法インプット講義+過去問答練+民法判例抗議+総まとめ講義+直前答練+模擬試験)
テキスト【テキスト】講座オリジナルテキスト(フルカラー)
【講義教材】通信講座専用に撮影された講義映像(Web視聴)
eラーニングあり (講義視聴のみ)
合格実績令和4年合格率 59.5%
全国平均の3.5倍
サポート体制質問サポート:フル(30回)ライト(10回)
学習導入オリエンテーション
毎月1回のホームルーム
学習の進め方サポート
教育訓練給付金制度なし
公式サイトhttps://www.agaroot.jp/takken/

\ 無料資料請求もあり!アガルートの宅建通信講座を見てみる/

詳しくは、「おすすめ宅建通信講座3選を徹底比較!口コミもアリ」記事でレビューしていますので、
気になった方はこちらの記事も見てみてください。

まとめ

今回は、宅建試験の概要や資格取得のメリットや具体的な勉強方法などについて紹介しました。
宅建試験は不動産業界での経験があるかどうかによっても必要な勉強時間は異なりますが、
合格率からみても取得が簡単な資格ではありません。

しかし、今回ご紹介した勉強法も参考に計画性をもって、効率的に勉強を進めていただければ、
独学での合格も十分可能な資格です。

もし初心者の方がより早く確実に合格したいのであれば、学習スケジュールや動画講義、サポートが充実している
通信講座もおすすめです。
どの通信講座も無料で資料請求することができるため、独学が不安な方はどの通信講座が自分に合っているのか比較するのもおすすめです。

この記事が少しでも宅建を受験される方の参考になれば幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA