【初心者も失敗しない】おすすめ宅建通信講座3選を徹底比較!口コミもアリ

※本記事はアフィリエイト広告を利用しています

宅建士は需要が安定しており、不動産業界以外でも役立つ資格です。
そのため、毎年20万人以上が試験を受験し、広く人気を集めています。

ただし、合格率は15%と低く、一人で勉強して試験に合格するのは難しいと感じる人も多いのが実情です。
そこで人気を集めているのが、通信講座を活用した受験対策です。


通信講座は独学と比較すると費用が掛かりますが、講師のサポートや厳選された教材を活用できることから、
平均的な合格率を大きく上回る実績を誇っています。
また、スクール通学と比較すると費用が安く、自分の好きな場所・時間に勉強できるというメリットもあります。

しかし、通信講座を選ぶ際に、このような悩みをもつ人もいると思います。

・宅建の通信講座の数が多すぎて、どれを選べばいいのか分からない

・選ぶときに何を基準にすればいいか知りたい

・費用にばらつきがあるけど、安いものでも大丈夫か不安


そこでこの記事では、私が人気の宅建通信講座を複数比較したうえで、
その中でも特にオススメの3社について詳しく解説します。

この記事を見ることで、各講座の特徴や講座選びのポイントを理解することができ、
自分にあった講座を選ぶことができますので、ぜひ最後までご覧ください。
それではさっそく見ていきましょう!

おすすめの宅建通信講座はこの3つ!

おすすめの通信講座3選

数ある宅建通信講座の中から、私がオススメする講座を3つに厳選しました。

この3つは人気・実績とも高い講座なので、安心して選ぶことができます。
それぞれの講座の内容や特徴についても、これから詳しく解説していきます!

通信講座おすすめの理由
   安定の実績と圧倒的な合格率 
通信講座選びに失敗したくいないという人に!
    圧倒的な低価格      
お金はかけたくない、でも独学は不安という方に!
  充実したサポート体制    
モチベーションが維持できるか不安という方に!

おすすめ通信講座 比較表

ここでは、厳選した3講座の特徴について、比較表でまとめています。
それぞれ特徴が異なりますので、ご自身が重要視するポイントを考えながら、ご覧ください!

スクロールできます
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★
コース/料金バリューセット1  59,800円
バリューセット2  64800円
バリューセット3  69,800円
ミニマム:14,960円
スタンダード:19,800円
コンプリート:23,430円
入門総合フル 71,280円
入門総合ライト 54,780円
演習総合フル 107,800円
演習総合ライト 76,780円
合格実績/口コミとても良い良い良い
サポート体制ライブ講義チャット質問機能
(質問回数は講座による)
メールでの質問受付
Q&Aチケット
有料購入が必要(1500円)
学習導入オリエンテーション
質問サポート
(フル30回,ライト10回)
月1回/月ホームルーム
教育訓練給付制度ありなしなし
資料請求
無料お試し
ありありあり
割引制度
キャンペーン
無料資料請求で10,000円割引
割引クーポン配布中
全額返金保証制度※条件あり
合格特典
amazonギフト券3,000円
合格特典
amazonギフト券10,000円
or全額返金※条件あり
再受講割引など各種割引
特徴75%という驚異的な
合格率の高さ
1万円台~という
圧倒的な安さ
充実したサポート体制で
初心者にも安心
おすすめの人迷ったらここ!
合格率と人気の高さで
安心して受験対策をしたい
業界最安値
なるべく安く、
コスパよく合格したい
コースが充実
自分に合った講義で
サポートを受け勉強したい
各製品の比較

失敗しない通信講座選びのポイント

① 合格実績で選ぶ

講座選びで最も重要なのが、合格率や合格者数です。
合格率や合格者数は通信講座の質を表す重要な指標であり、
高い合格率は、その講座が十分なサポートや有益な学習材料を提供している証拠になります。

もちろん自分に合う合わないはありますので、一度無料の資料請求などで、
自分に合いそうか確認することをオススメします。

また、過去の受講者の成功事例を確認することで、
自分の目標や背景に近い受講者がどのようにして合格に至ったかがわかります
自分との共通点があれば、その講座が自分に適しているかどうかの判断に役立ちますので、
合格率とあわせて確認してみましょう。

② 講座の内容・サポート体制

テキストの分かりやすさは、勉強効率に直結するので、
自分が見やすい・理解しやすいと思う教材を選ぶ必要があります。

カラーで図解やイラストも含まれているなど、視覚的に覚えやすく
理解をさせることに重点を置いている教材がオススメです。

また、専用アプリやEラーニングなどで、スキマ時間を活用できる学習システムが整備されているか
重要なポイントです。
宅建の受験者には社会人が多く、仕事や家事、育児でまとまった勉強時間を確保できる日ばかりではないと思います。スキマ時間をいかに活用できるかが、合格を左右します。

上記に加えて、独学にはない通信講座のメリットとして、
「分からないところを講師へ質問できる」という点があります。

学習を進めていると、誰でも分からない論点や問題が必ず出てきます。
その際に、都度質問が出来る体制が整っているかは、通信講座を選ぶうえで確認しておくべきポイントです。

③ 価格の安さ

価格設定に納得できるかどうかも、通信講座を選ぶ際の重要なポイントです。

もちろん安ければいいというわけではなく、
講座内容やサポート体制をふまえて、妥当な金額であるかどうか
を考える必要があります。

宅建の通信講座の料金相場は6万円前後が多いので、それを基準に講座内容やサポート体制が
自分に合っているコースを選ぶようにしましょう。

おすすめの宅建通信講座ランキング

おすすめ通信講座1位 フォーサイト

迷ったらこれを選べば良し!

・圧倒的な合格実績
フォーサイトの合格率は75% (全国平均の合格率は17%)

・テキストがフルカラーで見やすく、要点がまとめられたテキストが人気

・eラーニングシステム(ManaBun)があり、スキマ時間も有効に活用できる

・資料請求による割引もあり、比較的費用が安い。コースによっては、全額返金保証制度がある

講座の内容・詳細

講座名/料金バリューセット1 59,800円
バリューセット2 64,800円
バリューセット3 69,800円
講座内容バリューセット1 (基礎+過去問講座)
バリューセット2 (基礎+過去問+直前対策講座)
バリューセット3 (基礎+過去問+直前対策+科目別答練+過去問一問一答演習)
テキスト通信講座専用に収録された映像講義(Web視聴・DVD)
講座オリジナルテキスト(フルカラー)
eラーニングeラーニング ManaBun(マナブン)
合格実績2022年度試験合格者872名(全国平均合格率の4.41倍)
サポート体制ManaBunから質問受付可能
フォローメルマガ
ライブ配信講義
教育訓練給付金制度あり(受講料の20%)
公式サイトhttps://www.foresight.jp/takken/

フォーサイトの良い口コミ

テキスト・講師の説明が分かりやすい

フォーサイトの悪い口コミ

全額返金保証制度の対象はバリューセット3のみ
返金保証に条件がある


通信講座を選ぶ際のポイントを満たしているか

◎合格実績  合格率は75%
→全国平均17%の4.4倍
◎講座の内容・サポート体制 カラーテキスト
講師の分かりやすさも評判
eラーニングもあり
講師に質問も可能
○費用の安さ3つのコースを選べて、バリューセット1は59,800円~
いまなら、無料の資料請求で10000円OFFクーポンがもらえる
※料金は急に変更される可能性もあるので、公式サイトで料金を確認ください

こんな人にオススメ!
・人気で実績のある通信講座を受けて、確実に合格に近づきたい

・ライブ講義や講師への質問など、サポートが体制が充実している講座を受けたい


1分で完了の無料資料請求で、10,000円OFFクーポンがもらえる!
・バリューセット1  59,800円→49,800円
・バリューセット2  64,800円→54,800円
・バリューセット3  69,800円→59,800円

無料資料請求をするだけで10,000円OFFクーポンがもらえる /

おすすめ通信講座2位 スタディング

1万円台から学べる圧倒的な低価格が魅力!

・ITを駆使した学習・運営システムにより、運営コストを削減し、圧倒的な低価格を実現

・テキストや講義、問題練習などの教材すべてがスマホで完結

・通勤時などの隙間時間を最大限活かせる

講座の内容・詳細

講座名/料金・ミニマム 14,960円
・スタンダード 19,800円
・コンプリート 23,430円
講座内容・ミニマム (動画講義+WEBテキスト)
・スタンダード (動画講義+WEBテキスト+一問一答+過去問集)
・コンプリート (動画講義+WEBテキスト+一問一答+過去問集+模試+
直前対策講座+学習Q&Aチケット)
テキスト通信講座専用に収録された映像講義(Web視聴)
講座オリジナルテキスト(フルカラー)※Webテキスト
eラーニングあり (音声講義、テキスト、演習問題などをスマホやPCで受講可能)
合格実績2022年度合格者の声 854名掲載
サポート体制AIによる実力スコア診断
学習Q&チケット(質問受付1,500円~)
教育訓練給付金制度なし
公式サイトhttps://studying.jp/takken/

スタディングの良い口コミ

価格の安さ、講義の分かりやすさ

スタディングの悪い口コミ

講義動画やアプリは分かりやすいが、テキストがイマイチ

通信講座を選ぶ際のポイントを満たしているか

○合格実績  2022年度合格者数:854名
→合格者調査に協力した合格報告者の人数
○講座の内容・サポート体制 スマホ学習に特化した高品質な教材
質問をする場合は別途料金が必要
◎費用の安さ3つのコースを選べて、最も安いコースは14,960円~とコスパ抜群
その他コースも2万円前後であり、他社の通信講座と比べても圧倒的に安い
※料金は急に変更される可能性もあるので、公式サイトで料金を確認ください


こんな人にオススメ!
・とにかく低価格で学習を始めたい人

・まとまった時間が取りづらく、スキマ時間で学習を進めたい人

・講師への質問対応に重きを置かない人

\ 無料お試し講座で10%OFFクーポンがもらえる/

おすすめ通信講座3位 アガルート

徹底したサポート体制が特徴!

・充実のフォロー体制(学習導入オリエンテーション、講師への質問、月1回/月ホームルーム)

・初学者と学習経験者で異なるコースが選択でき、自分に合った講義が受けられる

・割引制度や合格特典が充実している(amazonギフト券1万円or全額返金)※条件付き

講座の内容・詳細

講座名/料金・入門総合カリキュラム<フル> 71,280円
・入門総合カリキュラム<ライト> 54,780円
・演習総合カリキュラム<フル> 107,800円
・演習総合カリキュラム<ライト> 76,780円
講座内容・入門総合カリキュラム<ライト> (入門講義+過去問解説+総まとめ講義+模擬試験)

・入門総合カリキュラム<フル> (入門講義+過去問解説+択一解法講義+宅建業法インプット講義+過去問答練+民法判例抗議+総まとめ講義+模擬試験)

・演習総合カリキュラム<フル> (演習総合講義+総まとめ講義+直前答練+模擬試験)

・演習総合カリキュラム<ライト> (演習総合講義+択一解法講義+宅建業法インプット講義+過去問答練+民法判例抗議+総まとめ講義+直前答練+模擬試験)
テキスト【テキスト】講座オリジナルテキスト(フルカラー)
【講義教材】通信講座専用に撮影された講義映像(Web視聴)
eラーニングあり (講義視聴のみ)
合格実績令和4年合格率 59.5%
全国平均の3.5倍
サポート体制質問サポート:フル(30回)ライト(10回)
学習導入オリエンテーション
毎月1回のホームルーム
学習の進め方サポート
教育訓練給付金制度なし
公式サイトhttps://www.agaroot.jp/takken/

アガルートの良い口コミ

講義の分かりやすさ、ポイントを絞った内容

アガルートの悪い口コミ

講義ボリュームが多い、講座との相性がある

通信講座を選ぶ際のポイントを満たしているか

○合格実績  令和4年度合格率は59.5%と高い
→全国平均の3.5倍
◎講座の内容・サポート体制 ・初学者と学習経験者で異なるカリキュラムが用意されており、
 自分に合ったコースが選択できる
・学習の進め方を相談できるサポーター制度、講師への直接質問、
 月1回のホームルーム(動画コンテンツ)など、フォロー体制が充実
○費用の安さ・入門・演習の中から計4つのコースを選べる。最も安いコースは54,780円~
・合格した際には全額返金制度があり、合格したときのコスパは最強 (条件付き)
※料金は急に変更される可能性もあるので、公式サイトで料金を確認ください

こんな人にオススメ!
・とにかくサポートが充実している通信講座を選びたい人

・自分のレベルに合わせた教材で学習を進めたい人

・豪華な合格特典を利用したい人

\ 無料資料請求もあり!アガルートの宅建通信講座を見てみる/

迷ったらフォーサイトを選べば間違いない!

それぞれの通信講座の特徴は分かったけど、結局どれを選べばよいか分からない…
という人もいると思います。
そんな人は、フォーサイトを選べば大丈夫です。

フォーサイトを選ぶ理由】

・圧倒的な合格実績。合格率は75% (全国平均の合格率は17%)

・テキストがフルカラーで見やすく、要点がまとめられたテキストが人気

・eラーニングシステム(ManaBun)があり、スキマ時間も有効に活用できる

・資料請求による割引もあり、比較的費用が安い


フォーサイトは高い合格実績と充実したサポート体制があり、費用も比較的安いので、
通信講座を選ぶ際のポイントがすべて揃っている講座といえます。

実際、今回宅建試験の通信講座を調べていく中で、圧倒的にネット検索数も多く、
人気と実績のある講座であることから、安心して受講することができます。

おすすめ通信講座 まとめ

今回は、通信講座を選ぶ際のポイントやオススメの宅建講座について紹介してきました。

宅建通信講座を選ぶ際のポイント
① 合格実績で選ぶ
② 講座の内容・サポート体制
③ 価格の安さ

オススメの宅建講座
① フォーサイト
② スタディング
③ アガルート


どれにすればいいか分からない!という人はフォーサイトを選べば大丈夫です。
通信講座の中には無料の資料請求やサンプル講義を提供しているものも多くあります。

申し込み後に「自分には合っていなかった」「想像していたのと違っていた」
と後悔しないように、まずは無料で資料請求や講義動画を見て決めることをオススメします。

失敗しない通信講座選びをして、宅建試験合格を実現しましょう!
最後までご覧いただき、ありがとうございました🐻

無料資料請求をするだけで10,000円OFFクーポンがもらえる /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA