宅建落ちたら恥ずかしい? 落ちる人の特徴と合格への対策を解説!

※本記事はアフィリエイト広告を利用しています

「時間をかけて勉強したのに宅建試験に落ちて辛すぎる…」

「一緒に受けた仲間は受かっているのに、恥ずかしい…」

「落ちたショックから立ち直る方法を教えてほしい」

「再挑戦したいけど勉強に身が入らず、受かる気がしない」

宅建合格のためには一定の勉強時間が必要となり、試験自体も年1回しかないため、
試験に落ちた時のショックはかなり大きいものです。
「もう二度と試験勉強なんてしたくない」という人も多いと思います。

この記事では、宅建試験で落ちたショックから立ち直るための具体的な方法や
宅建試験に落ちる原因について解説します。
また、再受験に向けた対策や準備のポイントについて紹介します。

この記事を読むことで、宅建試験の難易度や合格率の実態を理解し、
再受験に向けて、モチベーションを高めることができます。

来年の宅建試験で確実にリベンジ合格できるよう、ぜひ最後までご覧ください!

落ちたら恥ずかしい? 宅建の合格率と難易度

結論から言うと、宅建試験に落ちたとしても、恥ずかしいと感じる必要は全くありません。
そもそも宅建試験の合格率は毎年15~20%であり、宅建は難易度の高い国家資格です。


不動産系の国家資格のなかには、より合格率が低い資格もありますが、
100人が宅建試験を受験したとすると、その中で合格できるのはたったの15人です。
実際の宅建試験は毎年約20万人が受験しますので、合格するのが3万人程度、残りの17万人が不合格となる計算です。

ネット上には、「宅建は簡単すぎる」「2週間で合格できる」などのコメントもありますが、
合格率からみても、誰でも受かるような試験ではないということが分かります。

誰でも受かる試験ではない! 実際に落ちてしまった人も多い

恥ずかしい…落ちたショックから立ち直る4つの方法

「難しい試験だから落ちても仕方ない」と言われても、自分の時間を削って試験勉強をしてきたし、
ツライものはツライ!という人もいると思います。

ツラすぎる…という方は、まず「試験に落ちたショックから回復すること」だけに集中することをオススメします。
少し時間はかかるかもしれませんが、気持ちが落ち着かなければ、
「不合格になった理由」を冷静に考えることができないからです。

不合格になった原因を突き止めることができれば、あとは対策を考えるだけです。
そこで、試験に落ちたショックから立ち直るための具体的な方法を4つ紹介します。

① 「挑戦した」という事実そのものを褒めてあげる

高校受験や大学受験とは違って、資格試験の勉強は仕事やバイト、家事、育児など、
色々なことと同時に両立させながら頑張る必要があります。

極端に言えば、資格はなくても死ぬわけではありません。
頑張って取得しなくても、変わらず生活できるにもかかわらず、高い志を持って、
知識を身につけようと努力したこと自体が素晴らしいこと
です。

結果がどうであれ、努力した過程を自分自身で褒めてあげるとよいと思います。

② 失敗ではなく、成功へのステップと考える

試験に落ちたことは、大きな失敗であると考える人もいると思います。
しかし、何かに挑戦している限り、失敗は避けて通れないものです。

よく言われることではありますが、失敗を成功へのステップであると捉えることをオススメします。
過去の失敗を否応なく受け入れ、それを乗り越えて進んでいく姿勢が大切です。

③ 「できることしかできない」という事実を受け入れる

当たり前のことですが、「自分にはできることしかできない」という現実を受け入れることも重要です。
自分の能力や性格は逃げられないものであり、無理に変えようとしても難しいです。

決して悲観的になって諦めろと言いたいわけではなく、
「自分の状況を受け入れ、いま自分のできることに集中する姿勢」が大切になります。

他人と比較したり、出来ないことを嘆いていても、状況が好転することはありません。
他人の成功や自分の欠点に固執するよりも、冷静に事実を受け入れることに意識を向けてみましょう。

④ 気分転換に筋トレをする

一通り自分と向き合ったら、あとは気分転換をして、気持ちを切り替えましょう。
気分転換の方法は人によってさまざまですが、一つ挙げるのであれば、私は筋トレをオススメします。

人間の脳は、精神的なダメージよりも肉体的なダメージを優先的に認識する傾向があります。
疲れていない体は、余計な心配事に意識を向けがちですが、筋トレをすると肉体的な疲労に意識が向いて、
精神的な悩みから解放されることがあります。

精神的な悩みから解放されることで、リラックスして休息をとることができます。
そして、時間が経つにつれて気持ちも回復してきます。

宅建試験に落ちる原因とは?

ショックから立ち直って、少し気持ちが落ち着いたら、
「なぜ試験に落ちてしまったのか」原因について、自分なりに考えることが大切です

以下に代表的な原因を解説しますので、自分に当てはまっているところがないか、確認してみてください。

① そもそも勉強時間が足りていない

試験に落ちた理由として一番多いのが「勉強時間が足りなかった」「試験範囲が終わらなかった」というものです。

資格試験を受ける方は社会人が多く、昼間は仕事で帰ってきたらクタクタで勉強なんてできない、
土日は友達と遊ぶ時間や自由時間も欲しい! そういう人も多いと思います。

私自身も今日は疲れているから、今日は友達に誘われたから、今日は体調が悪いから…
とやらない理由を見つける天才でした。

当たり前のことですが、忙しい日々の中でどれだけ勉強時間を確保できたかが合否を左右します。

② 効率的な勉強が出来ていない

宅建は比較的難易度が高く、各種法令や規定なども含む幅広い分野が試験範囲になります。
がむしゃらに勉強するだけでは一発合格は難しく、何年経っても合格しないということもありえます。

そのため、正しい方向性で効率的に勉強を進めることが重要になります。

正しい勉強に重要なことは?

・効率的な時間の使い方     ・各分野の勉強する順番(優先順位付け)
・各分野の学習戦略・point理解 ・インプットとアプトプットのバランス   など

宅建試験の効率的な勉強方法について、もっと具体的に知りたい!という方は、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
宅建に受かる効率的な勉強の順番は?分野別の勉強ポイントについても解説 ・宅建の勉強を始めることにしたけど、何から勉強していいか分からない・試験まで時間も限られているけど、効率的な勉強の順番はあるの?・分野別の出題傾向や勉強のポ...


③ 問題の答えだけを覚えている(正確に理解していない)

ただ過去問を何周もして、問題を覚えて正解できるようになっても本番で高得点は狙えません。

雰囲気で正解できるようになるのではなく、それぞれの選択肢のどこが間違っているのか、
なぜその答えになるのか、理解することが大切です

自分のあやふやな知識を無くし、理由を付けて正解できるようになれば、
初見の問題でも安定して合格点が取れるようになります。

④ 本番を想定して過去問を解いていない

宅建試験は、2時間で50問を解く試験です。
単純計算1問あたり2.5分程度で解く必要があり、
解答用紙へのマークや見直しの時間を含めると時間はさらに短くなります。

試験時間が足りずに不合格になってしまったという声もよく聞きますが、
それは、本番を想定した問題演習が出来ていなかった準備不足が原因だと思います。

分野別に解答目標時間を設定するのも大切ですが、本番では50問全体を通したタイムマネジメントが必要になります。

試験勉強の時から本番を想定して、過去問1年分を一気に解く練習をすることは、
試験全体の時間配分を意識することにつながり、2時間集中力を保つ練習にもなります。

宅建はリベンジする価値がある資格

一度試験に落ちてしまうと、「恥ずかしい」「自分はなんてダメなやつなんだ」と感じて、
落ち込んでしまう人もいると思います。

また、勉強のために相当な時間を割いてきた人ならば「もう2度と受験なんてしない!」
と感じるのも無理はありません。

ただ、私はそれを承知のうえで、もう一度宅建試験にチャレンジしてほしいと思います。
なぜなら、宅建はあくまで一つの道具にすぎませんが、
人生を変える可能性を秘めている資格だと考えているからです。

こちらの記事でも詳しく解説していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

あわせて読みたい
宅建取得で人生は変わる? 人生が変わる5つの理由を解説! 宅建取得に関して、インターネットで検索すると「宅建 オワコン」「宅建は役に立たない資格だ」などのネガティブな情報が多く出てきます。私も受験する前にこのような意...

再受験に向けてモチベーションを維持する方法

資格試験受験者にとってモチベーションが最も高まる瞬間は、受験を決意した瞬間です。
このピークのモチベーションはその後、対策を怠らない限り試験日まで徐々に低下していきます。

勉強や仕事の忙しさ、学習時間の制約などがモチベーションを下げる要因となります。
一度下がったモチベーションを上げるのは難しいので、
モチベーションを上げようとするのではなく、下げないように努力する必要があります。

そのためには、「毎日少しずつでも勉強を続けて、やらない日を作らない」ことが重要です。
ペースはゆっくりでもかまわないので、毎日30分でも勉強を続けて、宅建試験にリベンジを目指しましょう!

「どうしても宅建の勉強を再開する気になれない」「同じテキストと問題集を引っ張り出して、同じ作業を始めるのは辛い…」という方は、FPや簿記など比較的短期間で合格が狙える試験に挑戦しても良いと思います。

大切なのは、「勉強する習慣を維持すること」です。
他の試験が終わったら、宅建試験に全力を注ぎましょう。

通信講座を活用して来年こそは合格を!

独学と比べて少し費用はかかりますが、自身で勉強計画を立てたり、
独学ではモチベーションを維持したりするのが難しい方は、通信講座の活用も検討してみてください。

最短の学習時間で合格したい、合格の確率を少しでも高めたい!という方にはおすすめです。

①フォーサイト

・圧倒的な合格実績
フォーサイトの合格率は75% (全国平均の合格率は17%)

・テキストがフルカラーで見やすく、要点がまとめられたテキストが人気

・eラーニングシステム(ManaBun)があり、スキマ時間も有効に活用できる

・資料請求による割引もあり、比較的費用が安い。コースによっては、全額返金保証制度がある

講座名/料金バリューセット1 59,800円
バリューセット2 64,800円
バリューセット3 69,800円
講座内容バリューセット1 (基礎+過去問講座)
バリューセット2 (基礎+過去問+直前対策講座)
バリューセット3 (基礎+過去問+直前対策+科目別答練+過去問一問一答演習)
テキスト通信講座専用に収録された映像講義(Web視聴・DVD)
講座オリジナルテキスト(フルカラー)
eラーニングeラーニング ManaBun(マナブン)
合格実績2022年度試験合格者872名(全国平均合格率の4.41倍)
サポート体制ManaBunから質問受付可能
フォローメルマガ
ライブ配信講義
教育訓練給付金制度あり(受講料の20%)
公式サイトhttps://www.foresight.jp/takken/

無料資料請求をするだけで10,000円OFFクーポンがもらえる /

②スタディング

・ITを駆使した学習・運営システムにより、運営コストを削減し、圧倒的な低価格を実現

・テキストや講義、問題練習などの教材すべてがスマホで完結

・通勤時などの隙間時間を最大限活かせる

講座名/料金・ミニマム 14,960円
・スタンダード 19,800円
・コンプリート 23,430円
講座内容・ミニマム (動画講義+WEBテキスト)
・スタンダード (動画講義+WEBテキスト+一問一答+過去問集)
・コンプリート (動画講義+WEBテキスト+一問一答+過去問集+模試+
直前対策講座+学習Q&Aチケット)
テキスト通信講座専用に収録された映像講義(Web視聴)
講座オリジナルテキスト(フルカラー)※Webテキスト
eラーニングあり (音声講義、テキスト、演習問題などをスマホやPCで受講可能)
合格実績2022年度合格者の声 854名掲載
サポート体制AIによる実力スコア診断
学習Q&チケット(質問受付1,500円~)
教育訓練給付金制度なし
公式サイトhttps://studying.jp/takken/

\ 無料お試し講座で10%OFFクーポンがもらえる/

③アガルート

・充実のフォロー体制(学習導入オリエンテーション、講師への質問、月1回/月ホームルーム)

・初学者と学習経験者で異なるコースが選択でき、自分に合った講義が受けられる

・割引制度や合格特典が充実している(amazonギフト券1万円or全額返金)※条件付き

講座名/料金・入門総合カリキュラム<フル> 71,280円
・入門総合カリキュラム<ライト> 54,780円
・演習総合カリキュラム<フル> 107,800円
・演習総合カリキュラム<ライト> 76,780円
講座内容・入門総合カリキュラム<ライト> (入門講義+過去問解説+総まとめ講義+模擬試験)

・入門総合カリキュラム<フル> (入門講義+過去問解説+択一解法講義+宅建業法インプット講義+過去問答練+民法判例抗議+総まとめ講義+模擬試験)

・演習総合カリキュラム<フル> (演習総合講義+総まとめ講義+直前答練+模擬試験)

・演習総合カリキュラム<ライト> (演習総合講義+択一解法講義+宅建業法インプット講義+過去問答練+民法判例抗議+総まとめ講義+直前答練+模擬試験)
テキスト【テキスト】講座オリジナルテキスト(フルカラー)
【講義教材】通信講座専用に撮影された講義映像(Web視聴)
eラーニングあり (講義視聴のみ)
合格実績令和4年合格率 59.5%
全国平均の3.5倍
サポート体制質問サポート:フル(30回)ライト(10回)
学習導入オリエンテーション
毎月1回のホームルーム
学習の進め方サポート
教育訓練給付金制度なし
公式サイトhttps://www.agaroot.jp/takken/

\ 無料資料請求もあり!アガルートの宅建通信講座を見てみる/

詳しくは、「おすすめ宅建通信講座3選を徹底比較!口コミもアリ」記事でレビューしていますので、
気になった方はこちらの記事も見てみてください。

まとめ

宅建試験の合格率は毎年15~20%であり、宅建は難易度の高い国家資格です。
もし試験に落ちてしまったとしても、恥ずかしいと感じる必要はありません。

宅建はあくまで一つの道具にすぎませんが、人生を変える可能性を秘めている資格です。
来年の試験に向けて、もう一度宅建の勉強にチャレンジしてほしいと思います。

試験に落ちたショックから立ち直る4つの方法

① 挑戦したという事実を褒めてあげる
② 失敗ではなく、成功へのステップと考える
③「できることしかできない」という事実を受け入れる
④ 気分転換に筋トレをする

宅建試験に落ちる原因
① そもそも勉強時間が足りていない
② 効率的な勉強が出来ていない
③ 問題の答えだけを覚えている(正確に理解していない)
④ 本番を想定して過去問を解いていない

最後までご覧いただき、ありがとうございました🐻

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA